映画『THIS MAN』公式サイト

映画『THIS MAN』公式サイト
2024年初夏 新宿ピカデリーほか全国公開!

TRAILER

  • 30秒ティザー予告編
  • 30秒本予告編 Coming Soon
  • 60秒本予告編 Coming Soon

INTRODUCTION

海外発。世界で最も不可解で不気味な都市伝説が初の映画化
2006 年頃、夢の中で眉がつながった奇妙な風貌の男と出会ったという女性患者がニューヨークの精神科で多発。
彼女らの証言を元にモンタージュ写真を作成し、
ネット上に公開したところ、
世界各国で夢で同じ男を見たという証言が多発。
謎の男は「THIS MAN」と呼ばれ、恐れられた。

世界的に有名なネットミームに日本独自の解釈を加え、なすすべなく人々が死んでいく描写を通して、
昨今のコロナ禍の惨状を風刺した全く新しいスリラー映画として誕生!

STORY

舞台はある田舎町。
町では、連続変死事件が発生していた。
被害者の共通点は、生前、眉のつながった奇妙な風貌の男を夢の中で見ていたことだった。
夢の中に出てきた男は「あの男」と呼ばれ、人々を恐怖に陥れていた。そんな中、八坂華は、夫と義男と娘の愛とともに、
幸せに暮らしていた。
しかし、「あの男」による被害が拡大し、
徐々に華の身近にも危険が迫る。
やがて華は究極の選択を突きつけられる。
果たして華が取った行動とは?
史上最悪の結末が、今幕を開ける。
これまでに見た事がない斬新なスリラー
主演はグラビアで活躍しながらも、NHK 連続テレビ小説「べっぴんさん」など女優を活躍する出口亜梨沙。
W主演を務めるのは、仮面ライダーWで人気を博し、その後もドラマ、映画、舞台で幅広く活躍する木ノ本嶺浩。
出口亜梨沙は本作が映画初主演となる。

監督・脚本には医学系研究分野出身
という経歴を持つ天野友二朗。
人間の二面性にフォーカスした2018年製作の心理サスペンス『幸福な囚人』で商業映画デビュー。
2023年にはオウム真理教事件をベースに、
現代社会に潜むカルト洗脳やメディア洗脳、
マルチ商法企業の闇などを描く
話題作『わたしの魔境』を手掛け、世界 11 か国で国際映画祭を受賞。
今回、センセーショナルな社会派作品を得意とする
天野友二朗が
世界的に有名なネットミームをパニックスリラー作品として昇華させた。

「THIS MAN」の正体とは一体…!?
なすすべなく多くの被害者を出した
社会の行きつく先は…!?
社会風刺を孕んだ全く新しい野心作を
スクリーンで目撃せよ。

SNS

COMMENT

※順不同・敬称略。写真をクリックすると
プロフィールが表示されます。
出口 亜梨沙

皆さんこんにちは、出口亜梨沙です。 映画「THIS MAN 」初の主演、初のスリラー映画ということで2023 年の夏、全てをかけて作品に挑ませて頂きました。 今回の映像作品では珍しく撮影に入る前に共演者の方と何度も本読みをさせて貰えたのですが、そのおかげで監督とも台本のすり合わせができたり、撮影中も意見を出せたりととてもスムーズな現場でした。
もしかしたら私たちの日常に起きるかもしれない、起こってもおかしくない じわじわと恐怖が襲ってくる感覚を楽しんでもらえればと思いますので皆さんぜひ、劇場へお越しください! そしてSNS 等で感想を教えて貰えればエゴサしますので、 そちらもぜひよろしくお願いします!

出口 亜梨沙
木ノ本 嶺浩

昨夏、THIS MANという得体の知れない"モノ"と向き合っていました。この得体の知れない"モノ"が強敵で掴めず届かずあしらわれる。
不安や憤りでモヤモヤと恐怖を感じるなかで家族の大切さや人との繋がりを再確認していく刺激的な撮影の日々でした。ショッキングな出来事と美しい映像のコントラスト、そこに印象的な音楽が合わさり生まれるグルーブ感
ただ怖いだけじゃない新感覚の物語がそこにありました。是非、その得体の知れない"モノ"を劇場で体験していただきたいです。

木ノ本 嶺浩
鈴木 美羽

撮影が終わった今でも、THIS MANの顔が頭から離れない日々を送っています。
私が演じた小田玲は頭が良く、世の中に対する小さな不満を逃さない女子高生です。誰しもが共感できるような台詞に是非とも注目していただきたいです。玲はお姉ちゃんの華に対しては特に心を開いているので、撮影では会話の中から2人の普段の関係性が垣間見えるよう、丁寧に演じました。
映画館を出た後「怖面白かったー!」と思ってもらえたら嬉しいです。観たら最後、もう元には戻れません。

鈴木 美羽
般若

物凄く勢いがあって力強い作品だと思いました。是非劇場で観て欲しいです。

般若
アキラ100%

ケーキ屋の上司・植松を演じさせていただきました。都市伝説を元にしているという今作品。僕自身、都市伝説は好きなのですが、とても怖がりなので夜に思い出したりして一人で怖がっています。今回自分がスリラー映画に出るというだけで少しドキドキしていました(笑)。植松の運命やいかに。
スリラーであり、人間ドラマでもある今作。一観客として完成した作品を見るのがとても楽しみです!皆様もぜひ劇場でご覧いただきたいです!

アキラ100%
中山 功太

悲しくて、残酷で、どこまでも美しい。 怖くて、冷酷で、とてつもなく優しい。 天野監督にしか作り出せない、唯一無二の世界観。
後半の淡々とした混沌と無常感に、心底肝が冷えた。 それは凄まじく、容赦のないリアルな描写。コロナ禍の鬱屈としたあのムードと重ね合わせて観る事もできる。 あの美しい町を、なぜあんなにも不気味に撮れるのか。撮影時の和気あいあいとした雰囲気が嘘の様だ。 映画って、凄い。 天野監督、凄い。

中山 功太
津田 寛治

撮影現場での天野監督は、何かに憑かれたように早口で喋り、眼差しには狂気が宿っていました。前回の天野組とは人が違ったようです。僕たちはこっそり囁き合いました。監督はTHISMANの夢を見たんじゃないかと。そして完成作を観たとき、なぜ監督があんなことになっていたのか腑に落ちました。どんな作品もお手本にならないような前人未踏の世界に踏み込んでいたんですね。
僕が目の当たりにしたTHISMAN体験、沢山の観客と共有したいです。

津田 寛治
渡辺 哲

科学的な根拠や証拠は明確には示されていないが、呪術師が持つとされる超自然な能力や霊的な力は存在すると思っています。
ノウマクサンマンダと唱えて呪いを祓うマジナイ。修行して特殊能力を研く行者のような生活。そんな呪術師役をやる時、拠り所はどこなのか。
撮影中、マジナイを唱えると監督の気なのか撮影の力なのか不思議と違う世界が見えた気がします。撮影以降、ノウマクサンマンダ唱えることも。皆さんも憶えて唱えてみれば、ちょっと違う世界を感じられるかもしれません。

渡辺 哲

THIS MAN


                    出演:出口亜梨沙 木ノ本嶺浩 鈴木美羽 小原徳子 茜屋日海夏 校條拳太朗 大山大 北原帆夏 桑原のえ 松林慎司 園山敬介 入江崇史 荒木双葉 伴優香 竹田哲朗 松井彩葉 三原哲郎 秦真一 獣神ハルヨ 中村成志 児玉拓郎 鈴木孝之 大久保レネリー蓮 露木卓正 江藤あや 般若 アキラ100% 中山功太 津田寛治 渡辺哲